災害時に役立つ土のうは必要【様々なタイプのものがある】

飛散フィルムを使って防災

割れたガラス

地震や台風の被害を抑える

地震や台風によって住宅や事業所のガラスが割れてしまう事があります。ガラスが割れてしまうと非難する際に割れたガラスを踏みつけて怪我をする恐れがあるだけでなく、ガラスが割れる事で雨などが室内に入って被害がより大きくなってしまいます。そこで飛散防止フィルムを窓ガラスに貼っておく事でガラスが割れて飛び散る事は防止できます。飛散防止フィルムには様々な物があるので貼るガラスに合った物も選ぶとより効果が高まります。飛散防止フィルムは自分で購入して貼る事もできますが、業者に依頼してフィルムを貼る事もできます。業者に頼む事で費用はかかりますが、最適なフィルムを正しい方法で貼ってもらえるので飛散防止効果が高くなります。

熱によってガラスが割れ

ガラスにフィルムを物を貼ると熱応力が発生してガラスが熱によって割れてしまう事があります。これは飛散防止フィルムに限った話ではなくガラスに黒い紙などを貼ると貼った場所と貼っていない場所で温度差が生じてガラスが割れてしまうのです。この現象がガラスに飛散防止フィルムを貼った時にも発生する可能性があるので注意が必要です。しかし飛散防止フィルムには熱割れを起こしにくい製品もあるのでそのような製品を使う事で熱によってガラスが割れてしまう心配はありません。実際に貼る場所にどのような飛散防止フィルムを貼るとより良いのかわからない場合は業者などの専門家に相談すると熱によるガラス割れのリスクを未然に防ぐと良いです。