災害時に役立つ土のうは必要【様々なタイプのものがある】

飛散フィルムを使って防災

飛散防止フィルムを使う事で地震や台風の際にガラスが割れるリスクを防止できます。ガラスにフィルムを貼る事で熱が発生しガラスが割れてしまう事がありますが、熱が発生しにくい製品を選ぶ事でそのリスクを回避できます。

困ったときには利用しよう

建設工事で欠かせない多彩な工具類は、オンラインショップの通販が便利ですし、悩みを解決してくれる場合も少なくは有りません。近くでは見つからない交換パーツが有ったりしますし、上手に活用していけば、とても役立ってくれます。

作業の安全を守るシート

足場シートは、建設現場に組んだ足場の外側を覆うことで、落下事故の防止や騒音対策などに利用するシートです。強風下でも安全に作業できるメッシュタイプなど、さまざまな種類があります。表面に広告を印刷し、看板のように利用するスタイルも流行しています。

災害時の緊急対策

土嚢

水を止める手段

土のうには建築や土木工事で常設土塁として使用されるものと、災害現場などで一時的に使われるものがあります。前者では耐久性や耐候性が最も要求される一方、後者では持ち運びのしやすさや環境への影響が重視されます。現在では軽くて丈夫なポリエチレン製の土のうが主流になっています。サイズは使用や保管がしやすいよう配慮されており、再生材を利用して環境負荷を軽減したタイプもあります。土のうに詰める土砂の重さは、袋の大きさによって異なりますが、災害対策として使用する場合は、あらかじめ必要な量を計算して準備しておく必要があります。役目が終われば廃棄物として処理されますが、そのまま緑化資材として使えるタイプの土のうもあります。

都市型水害に注意

土のうは土木作業や堤防の付近で使われるもので、都市部には関係がないと考えられがちですが、近年では都市型の洪水が多発していることに注意が必要です。短時間で記録的な豪雨が降るケースも増加しており、排水量の限界を超えた水が店舗やオフィスに流れ込んできます。その結果、大量の商品を廃棄することになったり、OA機器が故障したりすることもあります。土のうを用意しておくことは、万一の際に被害を軽減する役に立ちます。土のうに詰める土砂がない場合は、吸水性の簡易土のうを利用するという方法があります。水を吸うと膨らんで重くなりますが、通常は小型で軽く持ち運びも容易であり、大きな保管スペースを必要としないのが特徴です。